Image Image Image Image Image

Webサイトやソーシャルメディアの運営にお困りの企業の担当者さま、熟練Webプロデューサー・ディレクターやプロジェクト・マネージャーの人材が不足しているWebデザイン・制作会社さまに向けて、コンサルティング・マーケティング・プロデュースなど専門的なサービスと、Webの訴求力アップに欠かせないクリエイティブな写真を世界的コンペで評価が高いPhotographerがあなたが望むブランディングイメージを制作いたします。

Gonos Studio - ゴノス スタジオ

 

Gonos Studio Co., Ltd.

167-0043
東京都杉並区上荻4-22-13 202
TEL: 080-7039-5010
FAX: 03-4579-0612

projects@gonos.jp

 

Pin It
  • Twitter
  • Facebook
  • Delicious
  • Tumblr
  • LinkedIn
  • RSS
Scroll to Top

To Top

代表者ブログ

休んでもいい。少しずつ登っていけば、山頂にたどり着ける

On 21, 9月 2012 | No Comments | In 代表者ブログ | By Gonos Studio

8月の最終週に、わたしの髪を切ってくれているHDKのイベントに参加して、
人生ではじめて富士山に登ってきた。
50人ほどが早朝に集合し、貸し切りバスで 5合目へ。

翌日の朝に、山頂から御来光を拝むのが目的だ。

山ガールという流行語や、登山が流行っているのを耳にしていたが、
富士山はおろか、登山なんて、おそらく高校の林間学校以来だ(苦笑

すれ違う人もさまざまで、老若男女、国籍はバラエティに富んでいた。

さすがは、日本のシンボル、富士山!

日本人たるもの東京スカイツリーより、日本でいちばん高い富士山に登るべきだ(笑

 

さて、日が沈む頃にようやく9合目の宿舎に到着。
みんなで夕食をいただき、わたしはすぐに横になった・・疲れた(笑

 

 

2時に起床、3時に9合目を出発。
山頂を目指すひとびとのヘッドライトの光が連なり、頂上へ続いている。

5時4分がこの日の日の出。

この時間、わたしは9.5合目にいた。
間に合わなかった。

急いでもしょうがない、と思い、その場に腰を下ろした。

空が赤くなっていく。
日の出を見たのは何度もあるが、高度が高いためか、まったく印象が違う。

空の真ん中を横一文字に、赤色が左右に広がり侵食していくよう。

 

山頂に登ると、想像以上にひとがたくさんいた。
からだを暖めるために、みそ汁を買うが、手が震えていたため(おそらく疲れで)、
こぼしてしまう・・・

向かいのおじいさんに謝罪した。
テーブルに、汁が広がったのだが、なんとか服にはかかっていなかったようだ。

山頂付近から駿河湾方面

山頂付近から駿河湾方面

 

水平線が曲がっている。

朝の6時ぐらい。達成感がこみ上げてくる。
山頂にいたHDKが、記念写真を撮ろう、と誘ってくれた。

たしかに良い記念になった。

独立の記念に富士山に登り御来光をみたい、
というわたしの想いは半分だけ叶った。

でも、この登山でわたしはいろいろなことを学ぶことができた。

その中でもひとつをあげるとすれば、

「休んでもいい。少しずつ登っていけば、山頂にたどり着ける」

という当たり前のことだ。

この登山で、いろいろなおもしろい人たちに出会った。
(ピエール滝ともシェイクハンドした 笑)

 

こういう人たちを少しずつ、紹介していこうと思う。

Pin It
  • Twitter
  • Facebook
  • Delicious
  • Tumblr
  • LinkedIn
  • RSS

Tags | , ,

Submit a Comment